ポリフェノールでわきがを体内から対策

ポリフェノールでわきがを体内から対策

"わきがの対策として、食生活を変えることは有効です。わきがはアポクリン線から出る汗が原因になりますが、毎日の食事を変更することは臭いを抑えること対策になります。肉や乳製品を多く摂取していると、わきがの臭いも強くなるとされています。臭いを弱めるためには、肉中心の食事から野菜や魚などを中心とした食生活に変更することをおすすめします。
中でもわきがの臭いを抑えるのに効果的なのがポリフェノールです。ポリフェノールと言えばワインやカカオなどが有名ですが、他にも豆腐や味噌や納豆、れんこんや春菊、ブロッコリーやバナナなど身近な食材に含まれています。さらにポリフェノールは緑茶にも含まれています。ポリフェノールの入った食材をリストアップすると、昔ながらの日本の食卓が思い浮かびます。近頃は食事も簡略化されファストフードなどで手軽に済ませてしまうことも多いのではないでしょうか。毎日の食事を納豆やみそ汁などを添えた和食中心のメニューに切り替えてみると、臭いを抑える対策になります。"