わきがの原因はピロルリアかも

わきがの原因はピロルリアかも

ピロルリアとは、尿中に大量のピロールという異臭を放つ液体が出てしまう病気のことであり、ピロール尿症と呼ばれることもあります。そのため体臭やわきが、口臭などの体から出る臭いの原因になるとされており、治療のためには体内のピロールを減らすことが大切となります。しかし、ピロルリアについては現在研究中であり、明確な原因や治療法などはまだ分かっていません。さらに、ピロルリアはわきがなどのほかに、うつ病や不安障害なども引き起こすとされているのですが、これはピロールが血液中のビタミンB6や亜鉛と結びついて尿と一緒に体外に排出されてしまうためであり、体内のビタミンB6と亜鉛が不足してしまうためなのです。そこでビタミンB6や亜鉛を多く含む食べ物を摂取すれば、効率よく脳の機能を回復することができるでしょう。レバーやカツオやマグロ、豆類などにこれらの栄養素は多く含まれており、体臭が気になる場合にはクエン酸の摂取が効果的です。