【2015年決定版】女性向けわきがクリームの口コミランキング!

もしかして子どもがワキガ?どうすればいいか迷ったときにすべきこと

洗濯物をしている時や汗をかいているときにふと娘さんや息子さんからワキガの匂いがしてきて、もしかして?と気づかれたことはありませんか?
特に思春期を迎えるころからニオイがしてきやすくなります。
日本人の10人に1人はワキガと言われていてご自分のお子さんがワキガであることは決して珍しいことではありません。
 
この思春期は大変多感な時期で、ちょっとしたニオイでも周りの友達や同級生達からいじめられてしまうことが多々起きてしまいます。
 
「自分はワキガなんだ」
 
この事に気づいても中々ご両親に相談しにくく、問題を一人で抱え込んで辛い気持ちにさせてしまいます。
若いうちでは頑張ってもドラッグストアに売っているような、いかにもな体臭消ししか手に入らず、それを持っていることがばれるだけでも傷つける言葉を浴びせられてしまうこともあります。
 
こういった辛い体験から人との接触を避けるようになったり、不登校や引きこもり、もっとひどい場合ワキガが原因でうつ病になってしまうことも考えられます。
このような事を学生時代に乗り切っても過去のトラウマから積極的になれなかったり人付き合いを極力避けるような性格になってしまうこともあります。
 

ワキガは遺伝することをご存知でしょうか?

ワキガの原因は食生活やストレス、衛生面など様々なことが考えられますが、これらは一時的かつ少数派の原因で、ワキガの発症原因のほとんどは親による遺伝と考えられています。
片方の親がワキガをもっている場合で約80%ほどの確率で子どもに遺伝すると考えられ、ご両親ともにワキガであった場合ほぼ確実に遺伝すると言われています。
 
子どもが思春期を迎えてワキガの原因を探れば遺伝したということはすぐにわかり、ご両親への不満を募らせてしまうこともあります。
 
親としても見て見ぬふりをするのではなく、何らかの対策をすることが必要だと思います。
 

子どもに出来るワキガ対策

食生活を見直す

思春期前から思春期まっただ中でも出来る対策としてまずは食生活の改善をしましょう。
現代日本では食の欧米化が進み体臭の原因となりやすい肉食化が進んでいます。

 

なるべく野菜中心の生活にすることでワキガは軽減しましょう。
 

清潔にする!

ワキガは雑菌の繁殖によりニオイを発します。
こまめに汗を拭きとったり清潔な衣類にこまめに着替えるなどでワキガは軽減されます。
 
しかしながらこれらの方法は即効性はなく、明らかにワキガだと感じる場合には上記の対策とは別に、即効性のある対策が必要になってきます。

 

子どもでも即効性のあるワキガ対策

制汗剤やスプレーで一時的にワキガを消す

この方法は最も一般的ですが、効果が長持ちしずらく何度もトイレにいってケアする必要があります。
また、香料でごまかすタイプの商品の場合、ワキガと混ざりよりニオイを増してしまいます。
 
そして効果が長持ちしないということは常に今臭っているんじゃないかと心配になりやすく、またすぐにケアする等悪循環がうまれやすくなります。
 
 

手術をする

手術は根本的な治療で原因菌の発生元を切除します。
この方法ではワキガの発生源がなくなるため効果は最も高くなります。
しかし注意しなくてはならないのが、どこの病院もワキガが完治するとは言っていません。
手術をして一時的に治ったとしてもまた繰り返すという口コミは多く見受けられます。
 
そしてワキにメスを入れて切り開くので傷も残ってしまいあまりオススメはしません。
 
 

わきが専用クリームを塗る

現在最も効果が期待できるのはわきが専用クリームを塗ることです。
わきがクリームは一度塗るだけで半日近くワキガを抑え、夏場など汗をかきやすい場合でも一日3回ほど塗れば長時間効果が表れます。
また一時的な臭い消しではなく、ナノ化された成分が皮膚内部まで浸透することで効果は日に日に出やすくなります。
スプレーよりも直接的に塗るので効果は高いのですが、思春期の頃の肌は敏感なため刺激が強すぎるものは避けましょう。
 
ドラッグストアでは販売されていませんが、とても人気のあるラポマインというわきがクリームはお子さんが使っても全く問題ありません。
わきがクリームではとても有名な商品で効果の高さから累計65,000個以上売れています。
 
このラポマインは消臭効果はもちろん無添加無香料の日本産で、赤ちゃんでも使用できるほど安全な天然成分でできています。
デザインも見た目ではわきがクリームとはわかりにくく作られていて、もし誰かに見られても安心なように心配りされています。
市販品に比べると値段は高めですが、お子さんにも渡しやすく、親子でワキガのことについて話し合ういいきっかけになってくれると思います。
ラポマインの詳細はこちら